読み仮名 ごとうしょうじろうけじゅうたく
指定種別 県指定
種別 建造物
指定年月日 1985年 5月 4日
指定詳細
数量 1棟
所在地 奥州市前沢区生母字天王
所有者 奥州市
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

桁行20.26m、梁間10.53m、直屋、屋根は寄棟、茅葺。
真壁造、石場建。
この建物は、旧仙台藩領磐井郡東山地方母躯村(現:奥州市前沢区母体)にあり「中崎屋敷」という。
開口部は、敷居・鴨居溝をそれぞれ3本溝とし、柱はすべて手斧削りであり、また軒が低いことなど、各所に古い形式が認められる。
奥一常居の5間取りで、旧仙台藩領北部地方の古民家の系統に属し、国指定の旧後藤家(奥州市江刺区)、旧菅野家(北上市)の住宅に類似し、県指定法泉院小前沢坊庫裡(平泉町)にも通じ、架構的にも平面構成的にも、稀にみる古式であり、本県民家建築史上貴重である。
建築年代は18世紀初期頃と推定されている。