読み仮名 もくぞうにょいりんかんのんざぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1954年 4月 5日
指定詳細
数量 1体
所在地 奥州市水沢区黒石町字正法寺
所有者 正法寺
保持団体
管理団体 正法寺
ホームページ 岩手県立博物館(如意輪観像)

概要

像高52.1cm。
木造、寄木造、漆箔仕上げである。
正法寺の本尊とされ、小像ではあるが、精緻な造りで、衣紋などには、宋風の様相がみられる。
彫刻刀の使用が細やかで、技巧的にすぐれている。
切金文土紋が残り、漆箔の精緻な塗装は、寺伝春日の作という言い伝えとともに、地方作のものではないと思われる。
鎌倉期の作と推定され、繊細な截金模様や盛り上げた土紋が鮮やかで、技巧的にすぐれた貴重な作である。