読み仮名 どうきくかそうじゃくきょう
指定種別 県指定
種別 工芸品
指定年月日 1980年 3月 4日
指定詳細
数量 1面
所在地 紫波町土館字浦田
所有者 新山神社
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

径8.7cm。
縁高さ0.4cm。
鋳造。
周り縁は鏡の面に直角に立ち上がる。
濃緑色を呈し、表面は部分的に剥離する。
図取りは、菊花に双雀を配したもので、紐はそまつな捻り紐である。
内部に小破(孔)がある。
平安末期の作で、この時代の和鏡の一作例を示す。
明治19年(1886)3月、山頂の新山寺旧本堂のまわりから出土したものである。