読み仮名 こんどうかけぼとけ
指定種別 県指定
種別 工芸品
指定年月日 1980年 3月 4日
指定詳細
数量 1体
所在地 紫波町土館字浦田
所有者 新山神社
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

総高8.7cm。
幅(膝間で)5.2cm。
像高7.4cm。
鋳造、鍍金。
光背と鏡板を欠く。
像には、それらを取り付けるために、頭部の側面に2個と台座に3個の小さい円孔をあけている。
像は蓮華座上に坐し、4臂のうちの上の2臂は胸前で合掌し、下の2臂は膝上で重ね合わす。
頭上には、9体の化仏を刻んでいるが、すこぶる略体である。
像は、観音菩薩であろう。
簡素な出来ながら、形姿は整い、その上、出土品とは思われないほど保存が良い。
制作は鎌倉時代で、この時代の金銅鋳成の懸仏としては、例が少ない貴重な遺品である。
明治17年(1884)9月、山頂の新山寺旧本堂跡から出土したものである。