読み仮名 もりおかはんざっしょ
指定種別 県指定
種別 古文書
指定年月日 1993年 6月 4日
指定詳細
数量 189冊
所在地 盛岡市愛宕町(盛岡市中央公民館)
所有者 盛岡市
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

縦46.5cm。
横66.0cm。
雑書がいつ頃から書き始められたのかは不明であるが、現在伝承されているものは、寛永21年(1644)3月14日から天保11年(1840)12月晦日(30日)までの197年間分である(このうち15年分が欠本)。
本書は別名を「南部藩家老席日誌」とも呼ばれているように、家老席で「御物書」が記録したものである。
記述の形式は毎日の日付けの下に、その日の天候と当番の家老名が3人前後列記され、その次に本文が記載されている。
本文をみると、藩政の初期から幕末近くまで、藩内の政治、経済、社会、宗教、その他にわたり、特に領内の人口統計や馬買役人の来藩などをはじめ、凶作、飢饉、百姓一揆等にも及んでいる。
このように本書は、諸事万般にわたる社会事象が日記形式で記録されており、質量ともに内容豊かであり、盛岡藩の歴史を究明する上で、第一級の史料である。

画像