読み仮名 つのづかこふんしゅつどはにわ
指定種別 県指定
種別 考古資料
指定年月日 1990年 8月 28日
指定詳細 一括
数量
所在地 奥州市胆沢区南都田字加賀谷地
所有者 奥州市
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

角塚古墳は、昭和60年3月に国の史跡に指定され、県下唯一の、埴輪をもつ前方後円墳である。
昭和49、50年に、角塚古墳の初めての周湟調査により出土した埴輪は、円筒埴輪と形象埴輪である。
円筒埴輪2点は全形をうかがうことのできるもので、残余は破片である。
形象埴輪は、全形をうかがえる状況ではないが、わずかに首の部分、猪の鼻等が識別できるだけで、残余は破片である。
本件埴輪は、本県において類例がなく、貴重なものである。