読み仮名 県指定
指定種別 有形民俗文化財
種別 1981年 3月 31日
指定年月日
指定詳細
数量 10幅
所在地 花巻市東和町上浮田
所有者 個人
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

縦70.4〜172.0cm。
幅31.5〜55.0cm。
10幅のうち、絹本6、紙本4幅である。
時代は南北朝から室町末期にかけてのものである。
10幅の内訳は、次のとおりである。
1高祖太子連座の御影
 2太子源信連座の御影
 3善導和尚画像
 4放光報身阿弥陀如来画像
 5放光化仏出現報身阿弥陀如来画像
 6放光報身阿弥陀如来画像
 7太子孝養像
 8太子黒駒登岳図
 9太子信者引接の図
 10六字の名号
 年号のあるものも含み、10幅もまとまって1か所に残っている例は珍しく貴重である。
また、書表装といって1枚の紙に表装分と仏画の分を書いているもの、截金といわれるもので、金泥の絵の具でなく、砂金をつぶし、紙のように伸ばし、それを切ってはりつけて絵を作ったもの等価値が高い。
まいりのほとけ一連のものとして貴重であるばかりでなく、その源流を歴史的に証拠だてる資料として貴重である。

画像