指定種別 県指定
種別 無形民俗文化財
指定年月日 1995年 9月 1日
指定詳細 奥州市江刺区広瀬字宝良
数量
所在地
所有者
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

広瀬人形芝居は、秋田、岩手県など東北地方に分布する一人遣い・ハサミ式の人形芝居で、人形遣いは蔭遣いで舞台下に隠れて姿を見せない。
その代表格と目される秋田県の猿倉人形と同系と思われるが、広瀬では常陸の水戸縫右エ門一座系統の伝承由来を持つ。

 岩手県内には(1)水押人形芝居(北上市口内町水押)、(2)倉沢人形歌舞伎(花巻市東和町倉沢)、(3)広瀬人形芝居上楽座(奥州市江刺区広瀬)、(4)安庭人形芝居(雫石町安庭)などが近年まで伝承していたが、水押は活動を中断し、安庭でも継承が難しくなっているので、貴重な伝承団体である。
「絵本太功記尼ケ崎の段」 「奥州安達ケ原袖萩祭文の段」を得意とする倉沢とは、得意演目が別で「吉原景色」も趣向が異なる。

(第4 無形民俗文化財指定基準 2(3)) 

画像