文化財情報  詳細
舟久保洞窟
ふなくぼどうくつ
指定種別 県指定
種別 史跡
指定年月日 1957年 7月 19日
数量
所在地 紫波町大字舟久保
所有者 個人
保持団体
管理団体
概要
石灰岩の層にできた洞穴で、美しい鍾乳石が見られる。
洞内の住居に使用したと推察されるところは約50平方メールの広さで、床面は凹凸が見られる。
縄文時代後期・晩期の土器が出土し、獣骨なども発見されている。
北側の端に炉の跡が認められた。
発掘調査が行われていないため全容は明らかでないが、県内でも数少ない洞窟住居跡であり、貴重である。