文化財情報  詳細
下門岡ひじり塚
しもかどおかひじりづか
指定種別 県指定
種別 史跡
指定年月日 1969年 6月 6日
数量
所在地 北上市稲瀬町水越
所有者 北上市
保持団体
管理団体
ホームページ 岩手県立博物館(一遍上人絵伝とひじり塚)
概要
下門岡ひじり塚は、歴史上の人物としてその事蹟が知られている鎌倉時代の武将河野通信の墓塚に比定される遺跡である。
正安元年(1299)に作成された「一遍上人絵伝」(昭27国宝指定)は、景観を実地に則して忠実に描写してあるので定評がある。
一遍は弘安3年(1280)、42歳のとき江刺郡まできて祖父の墓を厚く弔っているが、絵伝第5巻第3段の「祖父通信墳墓」は、その時の景観を描写しており、この付近の写景が、現存「ひじり塚」近傍の景観と一致している。