文化財情報  詳細
泥田廃寺跡
どろたはいじあと
指定種別 県指定
種別 史跡
指定年月日 1954年 4月 5日
数量
所在地 一関市山目字泥田山下
所有者
保持団体
管理団体
概要
磐井川の下流、左岸の丘陵の南斜面の国立岩手療養所地内にある。
昭和48年(1973)から50年の調査によって、桁行5間・梁間4間、東西棟の礎石建物が検出され、内陣には須弥壇の東柱礎石が見られた。
このほかに3間×3間の掘立柱建物と規模不明の2棟の建物が確認されている。
遺物は、土師器・須恵器・鉄くぎ・銅製品・羽口などが出土した。
付近から布目瓦が発見されており、この瓦は平安時代のもので、遺跡の時代を示している。