文化財情報  詳細
二子・成田一里塚
ふたご・なりたいちりづか
指定種別 県指定
種別 史跡
指定年月日 1965年 3月 19日
数量
所在地 二子一里塚:北上市二子町高屋・村崎野、成田一里塚:北上市成田
所有者 北上開発公社 外
保持団体
管理団体
概要
南部氏城下町盛岡と江戸とを結ぶ街道を「奥州道中」あるいは「奥州街道」という。
江戸〜白河(福島)間は江戸幕府の直轄で道中奉行が支配し、それより以北は領主に一任されていた。
この一里塚は、慶長9年(1694)の幕府命令によって築かれたもので、奥州街道筋に沿って盛岡から10里目にあたる二子塚、11里目の成田塚がそれぞれ街道をはさんで一対ずつ現存している。
高さは、二子塚東側2m50cm、西側2m30cm、成田塚東側3m20cm、西側2mである。
一対のものがちょうど一里(約4km)の間にともに現存しているところは全国的に例がなく、本県交通史のうえからも貴重な史跡である。

【写真】左上:成田一里塚  中央下:二子一里塚
画像