文化財情報  詳細
木造十一面観音立像
もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1954年 4月 5日
数量 1体
所在地 盛岡市玉山区玉山字一笠
所有者 東楽寺
保持団体
管理団体
概要
造高360.6cm。
木造、ハリギリ材、一木造。
東楽寺には、十一面像だけが5体もあり、この仏像は、360cm余りの原寸をもつ大仏像で、本県では、花巻市東和町北成島の毘沙門天に次ぐ大きさである。
背面に内刳があり、左腕と後補の右足先が朽ちているが、優美な表現で、地方作とは思われない様式である。
これは、地方作の特色の顕著な天台寺の諸仏とは対照的な存在であり、同時に県北における注目すべき像である。
この仏像は、もと盛岡市仁王にあった観音堂から寛文年間(1661〜1673)に移されたと言われている。