文化財情報  詳細
木造釈迦三尊坐像
もくぞうしゃかさんぞんさぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1954年 4月 5日
数量 3体
所在地 北上市稲瀬町内門岡
所有者 如意輪寺
保持団体
管理団体
概要
像高中尊86.3cm。
文殊44.5cm。
普賢43.9cm。
三像とも木造、寄木造り、宋風が加味された彫技あざやかなもので、中尊は説法印で九重座に坐し、光背(破損)は存している。
釈迦像は、絵画的な衣紋や、緊張した表情には、宋風の作風が見られる。
眼は、水晶の玉眼で、細やかな刃先の作風である。
江戸期の修理の跡が見られる。
脇侍の文殊・普賢の両菩薩は破損し、手が加えられているが、台座の獅子座と白象座は時代の趣があって見事である。
鎌倉初期の作と推定され、三尊仏として貴重な遺品である。