文化財情報  詳細
木造十一面観音立像
もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1965年 3月 19日
数量 1体
所在地 北上市黒岩
所有者 白山神社
保持団体
管理団体
概要
像高56.5cm。
木造、一木造。
背刳があり、背板をはる。
旧白山寺本尊と伝えられ、左に錫杖をもつ長谷観音である。
面相や衣紋の様子からみて、様式化された平安末期の作と考えられ、県下に見られる十一面観音像の小古像として珍しい。
天衣、足部は後世の補修によるものとみられる。
光背、台座も後補とおもわれるが、かなり古さを残していて貴重である。