文化財情報  詳細
熊野神社本殿
くまのじんじゃほんでん
指定種別 県指定
種別 建造物
指定年月日 1979年 2月 27日
数量 1棟
所在地 花巻市東和町北成島
所有者 小原明
保持団体
管理団体
概要
身舎 桁行6.450m、梁間4.030m。
廂 桁行6.450m、梁間1.939m。
向拝 桁行2.150m、梁間1.405m。
木造、平入り、切妻造、三間社。
身舎前面に1間分の吹放しの廂縁を設け、さらに中央1間に向拝を付けた珍しい社殿形式を持った古い例である。
屋根修理の際にその原型を失ったのは惜しまれるが、他はよく旧状を残している。
建築年代は不詳であるが、大間取りの角柱、虹梁木鼻、蓑束、茨のある独特の繋ぎの海老虹梁等には、室町時代の地方的装飾手法が窺える。
本県として、また、東北地方としても珍しい。
おそらく中世に成立した社殿建築様式であろう。
細部の意匠にも優れたものをもつ。