文化財情報  詳細
木造伝聖観音菩薩坐像
もくぞうでんしょうかんのんぼさつざぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1974年 2月 15日
数量 1体
所在地 陸前高田市米崎町字地竹沢
所有者 普門寺
保持団体
管理団体
ホームページ 普門寺
概要
像高55.1cm。
木造、寄木造、玉眼入りである。
袈裟をつけ、宝髻が高く、菩薩像で、趺坐した膝の上に定印を結んだ両手を組み合わせている。
印相からみて、紅頻梨色阿弥陀如来像と称する阿弥陀如来像に近い。
胎内膝裏に、再興檀那中努大輔千葉宗綱が、父の一鏡、母貞春のため、また、大和田安芸守母の十一年、金丹波守母等の墨書がある。
また、永禄2年(1559)住持充察、仏師、受請の銘があり、資料的にも価値が高い。