文化財情報  詳細
木造薬師如来坐像 外
もくぞうやくしにょらいざぞう ほか
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1959年 3月 17日
数量
所在地 軽米町
所有者 徳楽寺
保持団体
管理団体
概要
木造薬師如来坐像(1体)、木造脇侍菩薩立像(1体)、薬師如来坐像像高124.8cm。
木造、桂材、寄木造、彩色を施す。
頭部胴体は、一木から彫出し、内刳があるが、背板は欠失する。
膝(欠失)と左腕は別木ではぎつける。
薬師像であるが、手印、持ち物は欠失している。
光背、台座ともに欠失している。
脇侍菩薩立像像高124.5cm。
木造、桂材、一木造、彩色を施す。
宝髻、天冠台をつけ、天衣裳を着用し、右手垂下、左手屈臂して立つ。
光背、台座とも欠失している。
徳楽寺の薬師堂に安置されている。
薬師如来は、破損はしているが、主要部は残り、県北における平安期の仏像を代表するものとして貴重である。
脇侍像は、薬師三尊のうち、月光菩薩と推定され、作成年代は本尊と同じであり、九戸地方の仏像の特色をよく備えている。