文化財情報  詳細
遠野 荒川高原牧場
とおの あらかわこうげんぼくじょう
指定種別 国選定
種別 重要文化的景観
指定年月日 2008年 3月 28日
数量 14,161.4ha
所在地 遠野市土淵町、附馬牛町
所有者 荒川牧野農業協同組合ほか
保持団体
管理団体
概要
 柳田國男の『遠野物語』には、遠野に生きる人々の生活・生業の実態を示し、特に自然・信仰・風習に関連する独特の文化的景観が描かれている。

 遠野市の北東部に位置する荒川高原牧場は、『遠野物語』の原点を成す「馬産」に関する代表的な景観地で、早池峰山周辺の準平原に広がる牧草地を利用しつつ、地域の基幹産業として継続的に営まれてきた「夏山冬里方式」に基づく独特の放牧に関する土地利用の在り方を示している。