岩谷堂箪笥タイトル
岩谷堂箪笥
岩谷堂箪笥
■主な生産地
奥州市
  
■概要
 岩谷堂箪笥は、キリ、ケヤキ、クリを主材とし、良質の素材ゆえ醸し出される美しい木目、味わい深く重厚な漆塗り、華麗で豪快な手彫りの金具が特徴です。個性あふれる漆と金具の光沢は、年月が経つにつれて、より深い輝きを放ちます。堅牢さと重厚さの中にも、華麗且つ繊細さを合わせもった岩谷堂箪笥は、昔ながらの和空間はもちろんのこと、現代のインテリア空間にもマッチし、その存在を強烈にアピールします。
  
■歴史・沿革
 18世紀後半、当時の岩谷堂城主の岩城村将が米だけにたよる経済からの脱却をはかり、木工品の商品化を研究したのが始まりと伝えられる。戦後盛んになり昭和29年ごろには高生産を示した。しかし、その後一般家具(大量生産)に圧倒されたが、民芸調ブームに支えられ再び生産が伸び始め、昭和57年3月に国の伝統的工芸品に指定された。

使用方法
  直射日光、ストーブを避け、風通しの良い所に置いてください。お手入れの際は乾いた布で磨き、化学ぞうきんは使用しないでください。
  
主な商品
   整理タンス、 洋服タンス、 衣裳タンス、 食器棚、
   キャビネット、 サイドボード横長タンス、 車タンス、
   階段タンス、 飾棚、 TVボード
  
製造工程
  木取り→木地加工→組み立て→漆塗装→金具取り付け→総仕上げ
  
問合せ先
   岩谷堂箪笥生産協同組合
   〒023‐1131
   岩手県奥州市江刺区愛宕字海老島68‐1
   TEL0197‐35‐0275