浄法寺塗タイトル
浄法寺塗
浄法寺塗
■主な生産地
二戸市
  
■概要
 浄法寺塗の原料となる漆は地元の「浄法寺漆」を使用し、かつて庶民の器として実用性を重視した加飾のないシンプルなデザインが特徴です。これは国内でも稀な「原料から製品まで」を一貫して生み出せる、まさしく漆の里ならではの漆器といえます。
  
■歴史・沿革
 開山1200年の歴史を持つ浄法寺町天台寺で、僧侶が寺の什器を制作したのが始まりとされている。江戸時代には、盛岡藩内はもとより他藩へもさかんに移出するほど、重要な産物になった。明治になると藩の保護がなくなり、金箔を置いた殿様椀と称される高級品の需要も途絶え、衰退していった。近年復活し、好評をもって迎えられている。特に浄法寺町(現 二戸市)で生産する生漆は良質で、全国生産の約80%を占めている。その浄法寺の漆器等加工技術の普及奨励を図るとともに地場産業の振興に関する資するため、浄法寺町(現 二戸市)は平成7年より滴生舎を設置した。

使用方法
  陶磁器などと一緒に洗ったりすると傷がつき塗膜を傷めてしまいます。なるべく避けてください。長時間日光にさらされたりすると変色したり、劣化を促進します。電子レンジ・食器洗い機は使用できません。
  
主な商品
   ●汁 椀:5,775円 〜
   ●箸:1,890円〜
   ●盛 皿:9,975円〜
   ●片 口:18,900円〜
  
製造工程
  木固め→研磨→塗り→研磨(塗り→研磨 7〜8回繰り返し)→上塗
  
問合せ先
   滴生舎
   〒028‐6802
   岩手県二戸市浄法寺町御山字中前田23 番地6
   TEL0195‐38‐2511