神楽の解説
神社に奉納される神事芸能で、岩手県内の神楽は大きく「山伏神楽」「社風(みやぶり)神楽」「科白(せりふ)神楽」「多賀神楽」の4つに大別される。県内でもっとも古く、かつ多いのは山伏神楽で、修験者集団が伝承してきた三拍子(笛・太鼓・手びらがね)の舞曲で、神楽殿または民家の幕の前で踊られる。「神」は「かむくら(神の座)」のことで、この神の座につくのはしし頭に具象される権現(獅子頭)。花巻市大迫町の「岳神楽」「大償神楽」が各地に系統を伝え、県内で伝承されている神楽の多くは、両派から伝えられたものが多い。山伏神楽の中でも特に修験道的性格が強いものに「大乗神楽」があり、北上市煤孫地区に伝承されている。
神楽イメージ
  
いわての主な神楽
石鳩岡神楽(花巻市東和町土沢)
円万寺神楽(花巻市膝立)
大償神楽(花巻市大迫町大迫)
大宮神楽(田野畑村和野羅賀)
鴨沢神楽(奥州市江刺区広瀬)
黒森神楽(宮古市山口)
岳神楽(花巻市大迫町内川目)
土沢神楽(花巻市東和町土沢)
夏井大梵天神楽(久慈市夏井町)
和賀大乗神楽(北上市和賀町)
  
いわての主な神楽一覧



大償神楽 岳神楽 円万寺神楽 和賀大乗神楽 鴨沢神楽 土沢神楽 石鳩岡神楽 黒森神楽 大宮神楽 夏井大梵天神楽