故郷・懐かしの風景タイトル画像

軽米町
写真提供:軽米町

軽米町役場庁舎

軽米町役場庁舎
撮影場所
軽米町大字軽米地内
  
時期
昭和25年(1950)
  
解説
軽米町役場庁舎

軽米町は藩政時代八戸藩軽米通り代官所が置かれ、明治11年(1878)には北九戸郡役所も置かれるなど北九戸の中心的役割をはたして来た。大正14年(1925)町制施行軽米町となり、昭和30年(1955)には軽米町、小軽米村、晴山村が合併、軽米町となる。写真は合併前の軽米町役場庁舎である。

現在、建物に多少手が加えられ町立図書館として利用されている



仲町 街並
撮影場所
軽米町大字軽米仲町
  
時期
昭和4年(1929)
  
解説
写真は町内仲町 街並

大正14年(1925)町制を施行、軽米町となる。大正15年(1926)シボレー乗用車が工藤自動車部にまで導入され、仲町に営業所が置かれた。その当時の写真である。



旧 軽米尋常高等小学校校舎
撮影場所
軽米町大字軽米地内
  
時期
大正14年(1925)
  
解説
旧軽米尋常高等小学校校舎

明治6年(1873)公立軽米小学校として民家を借りて創立。明治14年(1881)軽米代官所跡(軽米城址)に校舎を新築。明治19年(1886)創立された北九戸高等小学校と明治31年(1898)合併し軽米尋常高等小学校となる。明治45年(1912)新校舎落成、大正14年(1925)増築が行われ写真の校舎が落成した。

昭和41年(1966)町内上舘小学校と統合、校舎を移転新築。旧軽米小学校校舎は昭和53年(1978)役場新庁舎が落成するまで役場庁舎として使用された。



戻る