いわての鉱山史 いわての鉱山史イメージ
鉄の街・釜石
■短命に終わった官営製鉄所  

 鉄の街・釜石の歴史は、安政4年(1857)大島高任(おおしまたかとう)が我が国初の洋式高炉を釜石・大橋地区に建設したことに始まります。
 明治6年(1873)、明治政府は大橋、橋野、佐比内、栗林にあった鉄山を工部省の所管とし、翌年には大橋鉄山のみが官営となり、明治8年(1875)には釜石村鈴子(すずこ・現在の釜石製鉄所の位置)が「鎔砿所、其他器械所建設ノ地」と定められました。同年から建設が始まった官営釜石製鉄所は製銑工場(25トン高炉2基、高さ18.3メートル)、練鉄工場などが建てられ、明治13年(1880)に操業を開始。ところが製炭場の火災による燃料不足や質の悪いコークス(石炭を高温で乾かし揮発分を除いたもので、点火しにくいが火力が強く煙が出ない燃料)を使用したことから明治15年(1882)に高炉の火が消え、翌年には廃山が決定しました。
 また、操業開始と同じ年、鉄鉱石や燃料となる木炭の輸送用に大橋から釜石港の桟橋までの18キロと、小川口から小川木炭山に至る5キロの鉄道が敷設され営業を開始しました。この鉄道は新橋−品川、大阪−神戸に次ぐ我が国3番目の鉄道です。しかし明治16年(1883)、官営製鉄所と鉱山の廃止とともに廃線となりました。


橋野高炉跡
戻る トップ    次へ