いわての鉱山史 いわての鉱山史イメージ
鉄の街・釜石
■製鉄所の復活  

 釜石製鉄所は陸海軍への糧秣(りょうまつ)や鉄材の納入を取り仕切っていた御用商人・田中長兵衛に払い下げられ、第2の創業を迎えます。明治17年(1884)に木炭を燃料とする小規模高炉を新たに建設した田中は、失敗を繰り返しながらついに明治19年(1886)10月16日、49回目にして初めて出銑(しゅっせん)に成功し、製鉄所再興の道が開かれました。この日は、釜石製鉄所の創業記念日となっています。
 翌年には釜石鉱山田中製鉄所を設立、陸軍大阪砲兵工廠の砲弾用銑鉄や水道用鉄管材料の受注で社業を拡大し、明治26年(1893)には官営時代の大型高炉を改修して再稼働、翌明治27年(1894)には国内初のコークス銑の生産に成功しています。大型高炉の稼働によって前年まで年間8,000トンだった銑鉄生産量は13,000トンに増加。この年、はじめて高炉銑がたたら銑の生産量を上回りました。
 明治27年の製鉄所従業員は791人で、当時としては希有な大工場でした。


現存する鉄道アーチ橋
戻る トップ    次へ