いわての鉱山史 いわての鉱山史イメージ
鉄の街・釜石
■戦中、そして戦後  

 太平洋戦争で釜石は、本土初の艦砲射撃を受けました。釜石製鉄所と大橋鉄山をもつ釜石は、資源を自給できる貴重な軍需工場地帯であったためです。2回に及ぶ英米軍の艦砲射撃によって街は焼野原と化し市役所、駅、警察署、郵便局など諸施設が全滅し、全焼2,930戸、全壊180戸、半焼半壊326戸に及びました。製鉄所も壊滅的な打撃を受け、高炉11基は破壊され、製銑、製鋼工場は実にその9割以上を失いました。死亡者も市街地で534人、製鉄所で157人に達しています。
 昭和23年(1948)製鉄所は第10高炉が復旧して操業を再開、朝鮮戦争特需で鉄鋼生産が爆発的な伸びたことで成長の基盤を確立します。この間、過度経済力集中排除法の指定で日本製鉄は八幡・富士の両社に分割され、釜石は富士製鉄釜石製鉄所として再編されています。


釜石鉱山選鉱場跡
戻る トップ    次へ