原敬

原敬肖像写真
写真提供:盛岡市先人記念館

本 名 原敬
生没年 1856-1921
職 業 政治家
出身地 盛岡市
解説
政友会総裁・首相。原の政治原理は民意の多数を利した政党が内閣を作り、政策を実施すべきもので、閥族の指名による内閣を否定。原は1900年(明治33)、政友会の初代幹事長、3代総裁となって、政友会を近代政党に脱皮させた。党総裁・代議士としての原が1918年(大正7)首相になると、世人は平民宰相としてこれを歓迎。原の開明性は皇太子の欧州視察旅行の推進実現に代表される。普選は時期尚早として、地租3円を有権者とする制限選挙で国会に政友会の絶対多数を実現した。しかし原はその開明性のために1921年東京駅頭で暗殺された。
記念館
盛岡市原敬記念館
盛岡市先人記念館



戻る