那珂通世

那珂通世肖像写真
写真提供:盛岡市先人記念館

本 名 那珂通世
生没年 1851-1908
職 業 東洋史学先覚者
出身地 盛岡市
解説
14歳のとき師の那珂悟楼の養子となる。慶応義塾を卒業後、千葉師範校長・東京女子師範校長となり、草創期の女子師範教育に卓見を示した。のちに旧制一高教授から東京高等師範教授となり、この間に東大・早稲田大の講師を兼任、日本の東洋史学研究の土台造りに貢献、「東洋史」の名称は彼の提唱によったものである。著書『支那通史』は日本最初の中国史概説書で古典的文献、『元朝秘史』の訳注本『成吉思汗実録』は蒙古史研究の原典として東洋史学界不朽の名著。また日本の紀年問題を究明した『上世年紀考』も古典的論考である。
記念館
盛岡市先人記念館

戻る