大島高任

大島高任肖像写真
写真提供:盛岡市先人記念館

本 名 大島高任
生没年 1826-1901
職 業 鉱業技術先覚者
出身地 盛岡市
解説
日本近代製鉄業の父。長崎で西洋砲術・兵法・鉄冶金を学ぶ。盛岡藩大橋の磁鉄鉱石を使用し日本最初の出銑に成功。釜石に官営製鉄所を建設、大蔵一等技監、佐渡鉱山局長、日本鉱業会初代会長を歴任。石炭採掘坑師学校(鉱山学校)を創設。著書に『西洋操銃篇』、手塚律蔵との共訳『西洋鉄熕鋳造篇』がある。
記念館
釜石市立鉄の歴史館
盛岡市先人記念館
いわての文化情報大事典(橋野高炉跡)
いわての文化情報大事典(いわての鉱山史:近代製鉄の誕生短命に終わった官営製鉄所

戻る