田中館愛橘

田中館愛橘肖像写真
 

本 名 田中館愛橘
生没年 1856-1952
職 業 物理学者
出身地 二戸市
解説
純粋物理学の外重力・地磁気・地震・度量衡など重要な研究を残し、日本の物理学の育ての親となった。学士院会員・貴族院議員として科学の振興と国民の啓発に務め、また国際連盟知的協力委員となり日本科学を海外に紹介した。日本式ローマ字つづりを創案・普及に努めた。文化勲章受章。その一生は物理を中心とした日本の科学史そのものと称される。武士的精神と合理的科学精神とが一体となった特異な人柄で、常に国のため社会のために身をていして当たり、飛行機・ローマ字の博士として一般にも親しまれた。
記念館
二戸市シビックセンター(田中館愛橘記念科学館)

戻る