「地名の由来」タイトル
「いわての生活文化」タイトル



郡名の由来
 郡名の由来をご紹介します。郡によっては、複数の説が存在しますので、その場合はすべての説を掲載しています。
       
岩手(いわて)郡
由来
 「盛岡市三ツ割の東顕寺(とうけんじ)に注連縄(しめなわ)が張られた三つの大石があり、この石は、岩手山が噴火したときにとんできた石といわれ「三ツ石様」と呼ばれて人々の信仰を集めていた。
 このころ、羅刹鬼(らせつき)という鬼が里人や旅人に悪さをするので、困りはてた里人は「三ツ石さま」に「どうか悪い鬼をこらしめてください」とお願いしたところ、たちまち三ツ石の神様が羅刹鬼を三つの大石に縛りつけてしまった。ビックリ仰天した羅刹鬼は「もう二度と悪さはしません。二度とこの里にも姿を見せませんからどうぞお許しください」というので、三ツ石の神様は「二度と悪さをしないというシルシをたてるなら」といわれ、羅刹鬼は三ツ石にペタンペタンと手形を押して南昌山の彼方に逃げ去った」。そこでこの地を岩に手形・・・岩手と呼ぶようになったという。


和賀(わが)郡
由来
「和我」の表記もある。
(1) アイヌ語の「ワッカ(水・水のみ場・清き流れ)」にちなむ
(2) 和賀川流域の「ハカ(崖)」から
(3) 和我叡登誉神社の神号先に我が方(朝廷)に和睦した蝦夷の土地
(4) 先に我が方(朝廷)に和睦した蝦夷の土地
(5) 「分処」の意味で合流地や分起点


胆沢(いさわ)郡
由来
歴史書には「胆沢」「伊沢」「伊佐波」がある。
(1) 胆沢川扇状地のイサ(砂)のサワ(沢)
(2) イ(接頭語)とサハ(沢)
(3) イ(湿地)サワ(沼沢)
(4) イ(水路)サワ(森林・崖地)
(5) アイヌ語で「イチャ・オ(鮭の堀がある)」
(6) アイヌ語で「イ・オ・イ(鮭・持つ・所)」
(7) アイヌ語で「エサパ(酋長のいる所)」
(8) アイヌ語で「イ(それが)サハ(山間の平地)」
(9) 「夷多(イサワ)」で夷狄(いてき)の多い賊奴の奥地
(10) 胆沢川神社の神号
(11) 「砂曲(いさわ)」の意味で曲流に囲まれた扇状地
(12) 「亥沢」で北北西の沢


磐井(いわい)郡
由来
歴史書には「磐井」「伊波井」「岩井」がある。
(1) 「磐堰」からきたもので狐禅寺狭窄部によって北上川の流れが堰き止められている状態から
(2) 岩間から湧く泉、石で囲った井戸
(3) イ(接頭語)ワ(廻)で川の曲流が山の縁を回ったところ、岩のあるところ
(4) 出雲系呪術の祭式場イハヒ(祝)や、そのような神社をまつったところ


気仙(けせん)郡
由来
歴史書には「介世(ケセ)」や「計仙麻(ケセマ)」もある。
(1) 宮城県桃生郡の計仙麻大嶋神社に由来
(2) カセマ(枷間)が転じたもの
(3) ケセはケシの転で、キシと同じ「崖」の意味
(4) アイヌ語で「ケセ(終、下)」から「下のはずれ、末端」
(5) アイヌ語で「ケセ・マ(削りをせおう海や所)」
(6) ケセンからきたもので海道の入り口の郷村


閉伊(へい)郡
由来
歴史書には「閉」「幣」「幣伊」「弊」「弊伊」などがある。
(1) ヘ(陸地の辺)で、辺境の国の意味
(2) 「幣」「弊」は蝦夷地を打ち破った征東軍が中国の蔑みの言葉をまねたものから
(3) アイヌ語の「ヘ(対面や顔面)」から
(4) 「ヘ」は「ペ(水)」が転じたもの


九戸(くのへ)郡
由来
平安時代、糠部郡を蝦夷から守るために四方に柵を設けて東西南北に門(もん・かど)を設けて番人を置いたが、のちにこの囲いの中で馬を育てるため、木戸(門)に一から九までの番号をふって一戸に一牧場を置く「九戸四門」制を採用したことに由来。


二戸(にのへ)郡
由来
平安時代、糠部郡を蝦夷から守るために四方に柵を設けて東西南北に門(もん・かど)を設けて番人を置いたが、のちにこの囲いの中で馬を育てるため、木戸(門)に一から九までの番号をふって一戸に一牧場を置く「九戸四門」制を採用したことに由来。



戻る