いわての方言
いわての生活文化


民話・昔話
 “岩手”という名前の由来になった「鬼の手形」の伝説をはじめ、県を代表する水産資源である「サケ」にまつわる民話など、県内各地域には、その地ならではのさまざまな民話や昔話があります。それぞれの地域で使われている言葉で、現在まで受け継がれている民話や昔話を聞いてみると、その地域の歴史や風土がより一層理解できるかもしれません。


■県北(二戸市)
タツブの息子
 
■県央(盛岡市)
鬼の手形
黒い牛(ベコ)と赤い熊
  白髭水
 
■県南(奥州市)
親孝行息子
ネズミと豆一粒
 
■沿岸(宮古市)
弘法さまと鮭
 
■気仙(大船渡市)
魚の女房
蛸ノ浦






県北地方 沿岸地方 盛岡地区 気仙地方 県南地方