正調沢内甚句
   発祥地:西和賀町沢内
特徴
西和賀町沢内は藩政時代、盛岡藩の隠し田の地であった。飢饉の際に、庄屋の娘・よねを藩に差し出し、年貢米減免の身代わりとした。その悲しみを唄った盆踊り唄。もとは太鼓と手拍子だけで唄われる素朴な唄だったが、昭和の初めに三味線の伴奏つきでレコード発売されたことから全国に広がった。原曲は県北地方の「ナニャドヤラ」といわれ、低音から唄い始めるものと、中音、高音からのものという三つの様式があり、甚句の形式としても完璧な曲である。
  
歌詞
正調沢内甚句歌詞
  

戻る




県北地方 沿岸地方 盛岡地区 気仙地方 県南地方