いわての民謡
いわての生活文化


牛馬(放牧)の唄

■南部牛追唄/南部牛方節
[特徴]

 下閉伊郡や上閉伊郡、九戸郡から南部牛を放牧場からセリ市につれて来る途中に唄われたのが「牛追唄」。鹿角から盛岡へ、沢内から黒沢尻(北上市)の藩の米蔵へ、内陸地方から沿岸部へなど、物資輸送の牛方が唄ったのが「牛方節」で、江戸時代初期から伝わる、岩手を代表する民謡の一つ。現在唄われている「牛追唄」は最も美しい旋律をもっているといわれる沢内地方のもので、戦前から唄われている。
名称 南部牛追唄
発祥地 下閉伊郡
岩手郡小本街道沿線
西和賀町沢内
遠野市
歌詞 田舎なれどもサーハーエ
南部の国はサー
西も東もサーハーエ
金の山コーラサンサエー

沢内三千石 お米の出どこ
つけて納めた お蔵米

さても見事な 牛方浴衣
肩に籠角 裾小ぶち

今度来るとき 持って来てたもれ
奥のみ山の ナギの葉を

肥えたべこコに 曲木の鞍コ
金の成る木を 横づけに

江刈葛巻 牛方の出どこ
いつも春出て 秋もどる

名称 南部牛方節
発祥地 下閉伊郡
岩手郡小本街道沿線
西和賀町沢内
遠野市
歌詞 キヤホ〜パーパーパー
田舎なれども 南部の国はサー
西も東も金の山 コラサンサエー
キヤホーパーバーバー

つらいものだよ 牛方の旅は
七日七夜の 長の旅

牛よつらかろ いまひと辛抱
辛抱する木に 金がなる

待っていろよ 牛方のかかさん
帰り土産に 金の小判

藪川街道に 深野沢がなけりゃ
通る牛方に 宿がない

赤も良い〜 高白も良い
中の背赤が なお可愛い

さんさしだの中 萱野のうさぎ
親がはれば 子もはねる


■南部馬方節
[特徴]

 全国各地では一般的に「馬子節」として唄われているが、岩手県(旧盛岡藩)では「馬方節」と呼んでいる。曲調、歌詞とも「草刈唄」「萩刈唄」系統で、夏の朝、草刈り作業を終えて我が家に戻る農民が、ゆったりした気分で唄ったものといわれる。
名称 南部馬方節
発祥地 盛岡市
滝沢村
歌詞 ハアアーア アアーアーエ
朝の出がけにハアアーエ
山々見ればアーヨー
(ハイーハイ)ハアアーエ
霧のオエハアーエかからぬ
ウーエハア 山も無い
(ハイハイ)

南部片富士 裾野の原は
西も東も 馬ばかり

さても見事な 馬喰さんの浴衣
肩に鹿毛駒 裾栗毛

朝の出がけに 山々見れば
黄金まじりの 霧が降る

ひとり淋しや 馬喰の夜ひき
明日は南部の 馬の市

一夜五両でも 馬方いやだ
七日七夜の 露を踏む

妾もなりたや 馬喰の嬶に
いつの芦毛の 駒に乗る

心細いよ 馬喰の夜道
何時も轡の音ばかり


■南部駒引唄
[特徴]

 元禄4(1691)年に盛岡城内で馬喰たちが唄ったという記録が残る歴史の古い唄。御用馬喰の仲間同士が座敷などで掛け合いで唄ったため一般にはあまり普及していなかったが、昭和の初めに採譜されてから普及したといわれる。
名称 南部駒引唄
発祥地 盛岡市
歌詞 「ハァー今日は天気もよいし
日もよいし
ドンドとひき出せホーイホイ」

目出度エ
目出度エのヨー(ヤー)
若松様ヨー(ホー)
枝もナーエー
栄えるヨー
葉も茂る(ヤー)
栄える枝も(ホー)
枝もナーエ
栄えるヨー葉も茂る
「ハァー荒ごもけだてて
じみちにのりだせ
天下の御用だホーイホイ」

言うなエ語るなヨー
お駒の池をヨー
そこにナーエ清水のヨー
あることを
清水にそこにそこにナーエ
清水のヨーあることを

「ハァーともぐつはらってドンドと
追い込め三十五両千疋ホーイホイ」


■南部道中馬方節
[特徴]

 馬市でセリ落とされた馬を曳くときに唄われたもので、馴れない若駒をつないで曳くので日中を避け、主に夜間に曳くことが多かった。このため、馬に声をかけて気を静めさせ、同時に自分の眠気をさますために唄われた。
名称 南部道中馬方節
発祥地 旧盛岡藩領一帯
歌詞 矢立エハァ峠のエハアエ夜風をエ
ハァうけてヨーエ
ハアエ秋田エハア夜長をエ
ハァー後にするヨ

こころ淋しや 馬喰の夜道よ
鳴るはくつわの 音ばかり

一夜五両でも 馬方いやだ
馬の手綱で 日を暮らす

さても見事な 馬喰のゆかた
肩に鹿毛駒 裾栗毛

ここはどこよと たずねて見れば
ここは津軽の 関の橋よ


■外山節/正調外山節
[特徴]

 明治時代に外山につくられた御料牧場の作業員たちが唄った「草刈唄」がその起源。牧場の閉鎖とともに一時忘れ去られたが、昭和初期に2種類の元唄が発掘され全国に広がった。レコードで「現代版外山節」が普及したため、「正調」はあまり知られていない。
名称 外山節
発祥地 盛岡市玉山区
歌詞 わたしゃ外山の
日蔭のわらび
(ハイハイ)
誰も折らぬで
ほだとなる
コラサーノサンサ
コラサーノサンサ

わしと行かねか
あの山蔭さ
駒コ育てる
萩刈りに

わたしゃ外山の
野に咲く桔梗
折らば折らんせ
今のうち

外山育ちでも
駒コに劣る
駒コ千両で
買われゆく

外山街道に
笠松名所
名所越えれば
行在所

日の戸越えれば
からかさ松よ
外山牧場の
お関所よ

わらび折り〜
貯めたる銭コ
駒コ買うとて
皆つかった

あねこ行かねか
あの山越えて
わしと二人で
わらひとり

名称 正調外山節
発祥地 盛岡市玉山区
歌詞 わたしゃ外山の
日蔭のわらび
誰も折らぬで ほだとなる
ほだとなる
誰も折らぬで ほだとなる
ヤーンコーリャサンサ
ヤーンコーリャサンサ

外山育ちで 色こそ黒い
味は自慢の手打そば
手打そば
味は自慢の手打そば
ヤーンコーリャサンサ
ヤーンコーリャサンサ

南部外山は 駒コの出どこ
駒コ買うなら外山に
外山に
駒コ買うなら外山に
ヤーンコーリャサンサ
ヤーンコーリャサンサ

俺と行かぬか あの山越えて
駒コ育てる 萩刈りに
萩刈りに
駒コ育てる 萩刈りに
ヤーンコーリャサンサ
ヤーンコーリャサンサ


■チャグチャグ馬コ
[特徴]

 昭和45(1970)年の岩手国体のためにつくられた新民謡で、元唄は花巻市大迫町の「一寸きま」といわれる。
名称 チャグチャグ馬コ
発祥地 盛岡市
歌詞 馬コうれしかお山へ参いろ
金のくつわに染めたずな
(チャグチャグ馬コがもの言うた
ヂャ〜もいねがらおへれんせ)

去年祭りに見染めて染めて
今年や背中の子と踊る

おらが馬コは三国一よ
嫁コしゃんとひけ人が見る

さつき柳の北上川へ
鈴コチャグチャグ音がひびく


名称 発祥地
■南部馬方三下り 旧盛岡藩領一帯





戻る




県北地方 沿岸地方 盛岡地区 気仙地方 県南地方