「いわての織物・染物」タイトル
「いわての生活文化」タイトル



染物
南部型染(なんぶかたぞめ)
南部型染
南部型染
■主な生産地
北上市
  
■概要
 丈夫な綿布に伝統模様を型により糊付けし、染め上げされた南部型染は、日本的な居間はもちろん、洋風の家具にもよくマッチします。また袋物・バックなどはちょっとしたお出かけに重宝します。
  
■歴史・沿革
 藩政時代、農家では自給自足用として麻織物が盛んに織られており、藍を染料に無地染や型染がされ、作業着として愛用されていた。その型紙の中から、いろいろな花、唐草、絣などの図案を利用して、現代の感覚に合った製品を作っており、のれん、テーブルセンター、各種袋物等に染め上げている。昔なつかしい岩手の風俗、習慣等をしのび、重厚な生地に素朴な中にも洗練された柄と堅牢な染色で、一品一品をていねいに手作りしている。

使用方法
   -
  
主な商品
   ●テーブルセンター:1,575円〜2,835円
   ●提げ袋:2,100円〜3,045円
   ●セカンドバック:1,050円〜1,732円
   ●花瓶式:1,155円
   ●コースター5枚組:661円
  
受賞暦
   -
  
製造工程
   原料布の製錬→型の糊付け→染色→水洗い→仕上げ→縫製→製品
  
問合せ先
   横黒染工場
   〒024-0071
   岩手県北上市上江釣子18-2
   TEL0197-77-2218
  
  

戻る