「いわての織物・染物」タイトル
「いわての生活文化」タイトル



織物
南部千厩紬(なんぶせんまやつむぎ)
南部千厩紬
南部千厩紬
■主な生産地
一関市
  
■概要
 古くから全国でも数少ない製糸工場で生産される良質の素材に、精練から、染色、手織りと一貫した作業を古来からの手法によって行ってきました。染色も落ち着いた自然の色合いを作り出しています。最近は当地方産の天蚕糸を使い、絹特有の風合いと光沢に手織りされたハイセンスな絹製品です。
  
■歴史・沿革
 平泉文化に遡ると言われる南部千厩紬は、古い伝統と技術を受け継ぎ昭和51年に復活させたもので、当地方は黄金と絹と馬の産地として知られていた。幽寂の染めと締めやすく皺になりにくい織りや風合いは定評がある。

使用方法
   袋名古屋帯…無地風に織り上げており、合せ易く締めやすい帯です。 天蚕ストール…地は薄く暖かいうえ、特に光沢があり、フォーマルにも最適なストールです。 ネクタイ…フルシーズン結べるうえ、皺になりにくい一本織りの珍しいネクタイです。
  
主な商品
   ●袋名古屋帯:145,000円〜
   ●天蚕入ストール:185,000円〜
   ●ストール:75,000円〜
   ●ショール: 70,000円〜
   ●マフラー: 21,000円〜
   ●ネクタイ:9,800円〜
  
受賞暦
   昭和54、55、平成5年躍進いわての産業まつり特産品コンクール金賞・59年全国伝統的工芸品展奨励賞・平成7年第48回岩手芸術祭工芸の部入選 他
  
製造工程
   原糸→精練→染色→整経→ 綜絖通→筬通→製織→仕上→絹織物
  
問合せ先
   〒029-0803
   岩手県一関市千厩町千厩字前田34-2
   TEL0191-52-3351

戻る