いわての音図鑑
いわての生活文化

水沢駅の南部風鈴 残したい、日本の音風景100選



音を聴いてみる
再生

 約900年の歴史を誇る南部鉄器のふるさと奥州市水沢区では、JR水沢駅ホームに、毎年6月から8月にかけて当地で製作された南部風鈴がたくさん飾られ、さわやかでかわいらしいハーモニーを奏でます。
 風鈴は、昭和38年から毎年飾られ、これをきっかけに風鈴ブームが到来、水沢駅は「風鈴駅」とも呼ばれるようになりました。風鈴の型は、以前からの吊鐘(つりがね)型、松笠(まつかさ)型、灯籠(とうろう)型などに、果物、野菜、花シリーズや棒型などのユニークな型が加わり、音色だけでなく見ても楽しめるものになっています。
【場所】
JR水沢駅ホーム
【聞こえる日】
6月〜8月
【アクセス】
東北自動車道水沢ICから約15分
【問い合わせ先】

奥州市商工観光課
tel.0197-24-2111

(取材協力:東日本旅客鉄道盛岡支社

一覧に戻る