いわての音図鑑
いわての生活文化

北上川の源流  




音を聴いてみる
再生

 御堂観音(みどうかんのん)は天喜(てんき)5年(1027年)、前九年の役(ぜんくねんのえき)で安倍(あべ)一族と戦った源義家(みなもとのよしいえ)がこの地に立ち寄った際、ここに清水が湧き出て炎天下に苦しむ兵馬を救ったことに感謝して観音堂をまつったことに由来すると伝えられています。
 境内の「弓弭(ゆはず)の泉」は北上川の源流で、この地を発した流れが約243キロ、流域面積1万2,550平方キロを潤し、宮城県石巻湾に注ぐ東北一の大河となります。
【場所】
岩手町・御堂観音境内
【聞こえる日】
毎日
【アクセス】
IGR御堂駅から車で約10分
東北自動車道滝沢ICから約40分
【問い合わせ先】
岩手町企画商工課 商工観光係
tel.0195-62-2111内線373
一覧に戻る