いわての音図鑑
いわての生活文化

わんこそば  



音を聴いてみる
再生

 南部地方に伝わる「そば振る舞い」が原型といわれ、「じゃーんじゃん」「それ、どんどん」の掛け声とともに、給仕さんがお椀に一口分のそばを投げ入れます。
 お椀が空になると次々とそばが投げ入れられ、その掛け合いも楽しみの一つとなっています。おなかがいっぱいになったら、すかさずフタをしないと、またそばが投げ入れられてしまいます。
 そばの分量は、わんこそば10〜15杯が、かけそば約一杯分に当たります。
【場所】
盛岡市内などのわんこそば店
【聞こえる日】
毎日
【問い合わせ先】
各わんこそば店

(取材協力:初駒本店)

一覧に戻る