郷土料理タイトル


笹まき(ささまき)
笹まき
■認定年度
平成10年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
一戸町
  
■料理の紹介
 一戸町鳥越地区に伝わる行事食で、米の生粉を使って作る笹まき。

材料
  (35本分)米の生粉1升、もち米粉1合、くるみ50g、ごま45g、砂糖 少々、笹の若葉(4月〜5月にかけての柔らかいものを使用)、い草等
  
作り方
1.米の生粉に熱湯を少しずつ加え、静かに混ぜ合わせ、良くこねる。このとき、団子等より少し固めにこねた方が、笹にくっつきにくい。
2.(好みによるが)くるみをいれるほうには、砂糖を少々入れても良い。
3.ごまは、摺ったものに砂糖を少々加える。くるみは、きざんでおく。
4.1をピンポン玉位にちぎり、すりごま、くるみを入れて包んで棒状に形を整える。
5.笹の若葉2〜3枚を使って包み、い草で両端を結ぶ。
6.熱湯で10分位茹でる。
  
料理のポイント
1.笹の葉は、4〜5月の柔らかい若葉の時期に取り、冷凍保存しておく。
2.茹でることにより、笹の香りや風味が餅に染み込む。
3.中に入れる物は、好みに応じて、あんや黒砂糖等を使用しても良い。

戻る