郷土料理タイトル


茎わかめ三昧(くきわかめざんまい)
茎わかめ三昧
■認定年度
平成12年
 
■認定の種類
特産加工品
 
■主な地域
大槌町
  
■料理の紹介
 わかめの中茎を利用した佃煮と漬物。ばぁーらー漬けのばぁーらーとは、大槌の方言で、おどろいたりびっくりしたときに使われる接頭語。びっくりするほどおいしいのでしょう。

材料
  (各50人分)
<塩抜き方法>
わかめの中茎、茎は塩蔵したものを使用。4〜5センチに切り、熱湯に塩1にぎり(約100g)を入れた中に入れて一度煮立てて、それを冷水で時々洗いながら(約1時間)塩抜きする。
【吉里吉里若芽煮】
わかめの中茎…1kg、黒砂糖…300g、みりん…100cc、酒…100cc、醤油…50cc、一味唐辛子(粉末)…少々、赤唐辛子…少々、白ゴマ…少々、はちみつ…大さじ1、水あめ…大さじ1
【漁り火漬け】
わかめの中茎…1kg、根しょうが…1かけ、人参…1/2コ、出し汁…1リットル、赤ざらめき…100g、濃口醤油…200cc、塩…小さじ1、酒…少々
【ばぁーらー漬け】
わかめの茎…1kg、人参…1本、ごぼう…1本、根しょうが…1かけ、塩漬けしたしその実…適量、きゅうりの古漬…7〜8本、たくあん漬…小1本、醤油…200cc、みりん…100cc、赤ざらめ…200g、七味唐辛子…少々
  
作り方
【吉里吉里若芽煮】
1.中茎を鍋に入れて30分位煮る。(水は中茎の半分より少なく入れる)
2.1に黒砂糖、みりん、酒、はちみつ、水あめを入れて煮る。ただし、黒砂糖は2〜3回に分けて入れる。
3.2を20〜30分火で加熱し、さめたらまた20〜30分加熱する。(加熱し、さますを、1日2〜3回繰り返し、2日間行う。)
4.最後に一味唐辛子、赤唐辛子、白ゴマを入れる。
【漁り火漬け】
1.だし汁に調味料(濃□醤油、赤ざらめ、塩、酒)を入れて煮立ててさます。
2.1に人参、根しょうがのせん切り、わかめの中茎を入れて出来あがり。
【ばぁーらー漬け】
1.たくあん漬、きゅうりの古漬、しその実は1時間くらい水で洗いながら塩抜きする。
2.醤油、みりん、赤ざらめ、七味唐辛子を鍋に入れ、沸騰させて冷ましておく。
3.それに、1と2を漬け込む。
  
料理のポイント
1.吉里吉里若芽煮は、厚手の鍋を利用。何度も火を加えた時、わかめの中茎は柔らかくなり、味にコクが出るから。
2.吉里吉里若芽煮の調味料には、体に良い黒砂糖を利用した。
3.食品添加物は、いっさい使用しないが冷蔵庫に保存すれば吉里吉里若芽煮は1ヶ月、漁り火漬けとばぁーらー漬けは1週間日持ちする。

料理の種類
東谷ヒロさんの「茎わかめ三昧」
販売形態 注文販売
連絡先 大槌町吉里吉里2-9-20
電話 0193-44-2846(自宅)
営業時期 季節限定10月〜3月
説明 吉里吉里若芽煮170g300円(茎の佃煮)、漁り火漬け150g200円(根しょうが入りさっぱり味)、ばあーらー漬け150g250円(野菜、しその実入り)

戻る