北上川の源流「弓弭=ゆはず の泉」

 北上川の源流は七時雨山麓説、丹藤川説、西岳山麓説など諸説がありますが、国土交通省の一級河川指定では、岩手町の御堂観音境内の湧水を源流としています。
弓弭とは「弓の両端の弓弦をかけるところ」のこと。平安時代、前九年の役でこの地に遠征してきた源義家が、日照りに苦しむ兵馬を助けるために弓弭で岩を突くと、そこからコンコンと清水が流れ出した、という伝説が残されています。
御堂観音と弓弭の泉
御堂観音と弓弭の泉


戻る 下流へ