歌人・石川啄木と北上川

 望郷の歌人として現在でも人気の高い石川啄木の故郷・渋民(玉山村=現 盛岡市玉山区)は北上川の上流に位置します。ふるさとの山河をこよなく愛した啄木は「やはらかに柳あをめる/北上の岸辺目に見ゆ/泣けとごとくに」「かにかくに渋民村は恋しかり/おもひでの山/おもひでの川」など、北上川を題材とした歌を詠んでいます。啄木の死後、地元の無名有志によって歌碑がはじめて建てられたのも、北上川を望む渋民公園でした。
石川啄木肖像写真 渋民公園の歌碑
渋民公園の歌碑


上流へ 戻る 下流へ