地形の不思議「支流が太い北上川」

 北上川は一般的に「本流が太く、支流が細い」というイメージがありますが、北上川の場合、たとえば盛岡市で合流する雫石川と比べると、本流の北上川は狭く、支流の雫石川は逆に広いというユニークな特徴があります。このように北上川には、多くの支流の「排水路」のような役割があります。また、北上盆地は北上川によってつくられたものではなく、主に奥羽山脈側から流れる中小河川の扇状地によってつくられたものと考えられています。 北上川と雫石川(左)の合流地点
北上川と雫石川(左)の合流地点


上流へ 戻る 下流へ