川が舞台の盆行事「舟っこ流し」

 盆供養の行事・盛岡市の「舟っこ流し」は、毎年8月16日の夕刻、北上川にかかる盛岡市の夕顔瀬橋と明治橋のたもとで行われます。提灯や供物に飾られた舟に火をつけて川を流すという盆行事で、江戸・元禄時代の盛岡藩四代藩主だった南部行信の娘が行ったという水灯の大法要に由来するといわれ、先祖の御霊を送り、無病息災を祈る伝統行事として現代に受け継がれています。 舟っこ流し
舟っこ流し


上流へ 戻る 下流へ