北上川流域交流「Eボート大会」

 平成7年に「ダム水源地交流協議会」が中心となってスタートした交流ボート(Eボート)は、子どもから高齢者まで、誰もが簡単に操作できる10人乗りの手漕ぎボートで、楽しみながら交流・教育・環境などを考えていこうというものです。一関市川崎町では同年から周辺市町村などと協力してEボート大会を開催し、毎年100艇以上が参加しています。また、平成11年には全国大会の会場となりました。
Eボート大会の様子 Eボート大会の様子
大会の様子


上流へ 戻る