いわての川 「北上川」

 川の概要
 北上川は長さは約243キロと全国5位。流域面積1万2,550平方キロと、利根川、石狩川、信濃川に次ぐ全国第4位で、東北一の大河です。岩手町御堂や七時雨山南東斜面、丹藤川などに水源を発し、岩手県の中央部、奥羽山脈と北上高地の間の北上盆地を北から南へ宮城県東部の追波湾に注ぎます。松川、雫石川、中津川、稗貫川、豊沢川、猿ヶ石川、和賀川、胆沢川、磐井川などの数多くの支流を集めて、宮城県に入って広大な沖積平野をつくります。
 北上川は古来「日高見川」と呼ばれていました。北上川(河)がはじめて文献に登場するのは鎌倉時代の『吾妻鏡』からです。
北上川
北上川 
 支流ガイド
名称 長さ 源流
丹藤川 59.9キロ 盛岡市玉山区藪川字紫沢
松川 38.4キロ 八幡平市大字寄木字松川国有林
中津川 22.8キロ 盛岡市芦ヶ沢
雫石川 33.2キロ 雫石町小柳沢
稗貫川 31.6キロ 花巻市大迫町内川目岳
猿ヶ石川 73.1キロ 遠野市附馬牛町大出
豊沢川 28.8キロ 花巻市豊沢字相芦
和賀川 75.3キロ 西和賀町川舟高下山
胆沢川 28.7キロ 奥州市胆沢区若柳字大平野
人首川 31.9キロ 奥州市江刺区米里字根津湯
衣川 27.0キロ 奥州市衣川区上衣川増沢
磐井川 36.3キロ 一関市厳美町字板川
砂鉄川 44.6キロ 一関市大東町大原字下川原
千厩川 22.9キロ 一関市千厩町奥玉字天梅
北上川・支流地図


トップへ戻る