イチイ科
■イチイ
キャラボク(一関市) 早池峰神社の夫婦イチイ(遠野市)
【キャラボク(一関市)】

【早池峰神社の夫婦イチイ(遠野市)】

 深山に生育する雌雄異株の常緑針葉樹。幹は直立して高さ20メートル、胸高直径1メー トルに達するが、枝を横に広げ低木状(変種のキャラボク)になることがある。葉は枝にらせん状につくが、2列に並ぶように見える。花は3〜4月に開き、果実は9月ごろに橙赤色になり、食べられる。材質は良質で、器具や装飾品、鉛筆などに使用し、各部は薬用、樹皮は染料となる。庭木や生垣などにも利用される。別称にオンコ、アララギなどがある。
天然記念物指定の「イチイ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
盛岡市 夏屋敷のキャラボク 黒川18-33 昭48.7.20  
葛巻町 いちい 江刈24-34-1 昭50.9.1 約460年
葛巻町 オンコ 田部字境ノ沢43 昭57.4.10 約210年
矢巾町 白沢のイチイ 大字白沢10-173-1 昭54.9.14  
矢巾町 和味のイチイ 大字和味7-51-1 昭54.9.14  
紫波町 イチイ 大巻字小玉根11 昭54.11.19  
花巻市 下中内のオンコ 東和町中内7区82 昭51.9.27 約210年
奥州市 いちい 江刺区米里字向平当105 昭56.5.19  
奥州市 イチイ 胆沢区小山字前大畑43 昭57.7.7    
一関市 キャラボク 大籠字青松4 昭53.11.6  
大船渡市 いちい 日頃市町字中小通 平元.8.1     
遠野市 早池峰神社の夫婦イチイ 附馬牛町上附馬牛19地割32 昭61.5.9     
遠野市 上禰宜のウッコ 附馬牛町上附馬牛19-43-1 昭58.5.1    
遠野市 善明寺のイチイ 大工町2-5 昭58.5.1  
遠野市 室の木稲荷さんのウッコ 上郷町佐比内室の水 昭59.4.20    
遠野市 和野のウツコ 綾織町下綾織37-114 平2.8.10  
久慈市 枝成沢のイチイ 枝成沢14-23 昭55.11.1 約380年
久慈市 熊野神社のイチイ 山根町下戸鎖5-38 平5.4.28    
久慈市 日吉神社のイチイ 小久慈町51-2 平5.4.28    
軽米町 里沢のオッコ 大字上舘1-29-1 昭48.4.1  
軽米町 沼のイチイ 大字晴山21-76 昭54.10.1  
二戸市 一位 字上森平 昭48.4.1 約700年
二戸市 一位 上斗米字古館下 昭48.4.1 約400年
二戸市 一位 米沢字下村 昭48.4.1 約400年
一戸町 野尻の大イチイ 平糠字野尻37-1 平2.3.26  


■カヤ
猿沢の箒カヤ(大東町) 小鳥崎の大カヤ(北上市)
【猿沢の箒カヤ(一関市)】

【小鳥崎の大カヤ(北上市)】
 温暖地の山地に生育する雌雄異株の常緑針葉樹。幹は直立して高さ25メートル、胸高直径2メートルに達する大木となる。樹皮は灰褐色で、老木になると浅く縦に裂けて薄く剥がれる。葉は針状の線形でつやがあり、先端はとげ状にとがるために触れると痛く、独特の香気がある。材質は腐りにくく加工しやすいため、土台材や桶、碁盤盤などに使われる。種子からはカヤの油が取れ、薬用や食用とされる。
天然記念物指定の「カヤ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
盛岡市 菖蒲田のカヤ 乙部28-10 昭48.7.20  
花巻市 上住郷のカヤの木 大迫町内川目立石 昭56.11.1  
花巻市 前郷の榧 東和町土沢6区624 昭51.9.27 約210年
北上市 小鳥崎の大カヤ 黒沢尻町字小鳥崎 昭44.6.6  
北上市 煤孫のカヤ 和賀町煤孫10-168 昭57.2.25 約430年
奥州市 かや 水沢区黒石町字長田156 昭47..4.1  
奥州市 かや 水沢区羽田町字門下 昭32.3.30  
奥州市 カヤ 衣川区上衣川字石ヶ沢22 平7.11.6  
奥州市 衣川区上衣川字関袋17 昭48.4.1  
奥州市 衣川区下衣川字女石127 昭48.4.1  
一関市 長泉寺のカヤ 萩荘字舘下40 平3.4.1  
一関市 カヤ 保呂羽字登戸沢30 昭53.11.6  
一関市 猿沢の箒カヤ 大東町猿沢字伊沢田南沢 昭51.3.23   
大船渡市 かや 末崎町字神坂 熊野神社 昭47.3.25   
遠野市 長泉寺のかやの木 宮守町上鱒沢13-77 昭52.12.2  
遠野市 カヤ 上郷町佐比内21-33 昭58.5.1  
一戸町 姉帯上里のカヤ 姉帯字上里 昭48.2.1  

戻る