カツラ科
■カツラ

古屋敷の千本桂(軽米町) シダレカツラ(盛岡市)
【古屋敷の千本桂(軽米町)】

【シダレカツラ(盛岡市)】

 山地の沢沿いに生育する雌雄異株の落葉広葉樹。樹高30メートル、胸高直径2メートルに達する大木となる。しばしば根元から多数の萠芽枝を出すことで、大きな株となる。葉は細長い柄があり、広卵形となる。早春、葉に先がけて雄花あるいは雌花が出る。葯、柱頭とも鮮やかな紫紅色を帯びている。材質は狂いが少なく、工作しやすいので家具や彫刻、碁盤、将棋盤、楽器などに用いられる。シダレカツラはカツラの品種とされ、岩手県からのみ発見されている。

天然記念物指定の「カツラ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
盛岡市 シダレカツラ 大字大ヶ生 龍源寺 大13.12.9   
盛岡市 シダレカツラ 門字真立107 大13.12.9   
盛岡市 シダレカツラ 肴町12-6 大13.12.9   
盛岡市 円光寺の夫婦カツラ 南大通3-11-49 昭47.11.22   
葛巻町 さかき桂 葛巻51-86-24 昭50.9.1 約210年
紫波町 御明神のカツラ 佐比内字砥ヶ崎100-1 昭50.3.25   
滝沢市 田村神社のカツラ 滝沢字上篠木12 昭42.3.1   
花巻市 稲荷神社千本桂 大迫町内川目下和野 稲荷神社 昭56.11.1   
花巻市 山祇桂 大迫町内川目久出内 白山神社 平11.9.29   
花巻市 子安地蔵尊かつら 上根子字玄番244-1 平9.11.18   
花巻市 千本かつら 仲町12-24 昭47.11.11   
一関市 カツラ 萩荘字江川114 平3.10.1    
一関市 カツラ 徳田字平田95 昭53.11.6   
一関市 神中の桂 千厩町小梨字天神80 昭56.3.20   
大船渡市 かつら 日頃市町字石橋 昭48.2.25   
遠野市 千本カツラ 小友町32-50 昭58.5.1   
釜石市 明神かつら 栗林町第19地割86 昭48.2.27   
岩泉町 かつら 乙茂字和乙茂 昭55.3.31     
久慈市 端神の大桂 山根町字端神第3地割内 平5.4.28   
軽米町 古屋敷の千本桂 大字晴山26-77-4 昭48.4.1    
二戸市 金田一字小林 昭48.4.1 約400年
二戸市 福田字小池 昭48.4.1 約500年
二戸市 堀野字東側 昭48.4.1 約400年
一戸町 小井田の千本桂 一戸字小井田 昭48.2.1   

戻る