マツ科
■アカエゾマツ
早池峰山のアカエゾマツ自生南限地(宮古市) 早池峰山のアカエゾマツ自生南限地(宮古市)
【早池峰山のアカエゾマツ自生南限地(宮古市)】

 サハリン・南千島・北海道に分布していることが知られていたが、昭和35(1960)年に早池峰山北面アイオン沢に生育が確認された常緑針葉樹。幹は直立し、高さ約40メートル、胸高直径1.5メートルの大木になる。樹皮は赤褐色で、不ぞろいの薄い鱗片にはがれる。花は6〜7月につけ、秋、長さ5〜8センチ、直径2.5センチの円筒形をした毬果(きゅうか)が下垂する。
天然記念物指定の「アカエゾマツ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
宮古市 早池峰山の
アカエゾマツ自生南限地
門馬山 国有林 昭50.2.18   


■アカマツ
薄衣の笠マツ(一関市)
玉山のシダレアカマツ(盛岡市)
薄衣の笠マツ(一関市)
【薄衣の笠マツ(一関市)】

【玉山のシダレアカマツ(盛岡市)】

 山地の尾根上や原野、砂丘などの乾燥したやせ地に生育する常緑針葉樹で、植林もされる。樹高30メートル、胸高直径1.5メートルに達する。樹皮は赤灰色で、亀甲状にはげやすい。春に開花し、翌年の秋に毬果(松ぼっくり)は成熟する。材は建築用や薪炭用、パルプ材、家具材、門松などに使用される。岩手県の県木は「南部アカマツ」で、アカマツを市町村の木にしているところも多い。メマツとも呼ばれる。
天然記念物指定の「アカマツ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
葛巻町 一本松 江刈10-22 昭50.9.1 約310年
葛巻町 三本松 江刈10-22 昭50.9.1 約460年
葛巻町 老松 葛巻15-15 昭50.9.1 約310年
盛岡市 玉山のシダレアカマツ 玉山区玉山字祝廼ノ沢 昭49.2.15  
紫波町 シダレアカマツ 南伝法寺字高木1-1 昭57.5.7  
矢巾町 定法田のマツ 大字間野々12-38-1 昭54.9.14   
花巻市 奥羽街道名残りの松 外台
市道上町成田線東市立
南条小学校前
平9.11.18   
花巻市 金毘羅さんの赤松 東和町土沢2区322 昭58.1.26 約200年
北上市 山口八幡宮の
アカマツ
和賀町山口40-83
山口八幡宮
昭57.2.25 約300年
金ヶ崎町 見当松 西根字愛宕社境内 昭48.8.30   
一関市 ホウキマツ 大籠字早坂15 昭43.3.25   
一関市 保呂羽山の赤松群落 東山町松川字卯入道 昭55.4.24   
一関市 薄衣の笠マツ 川崎町薄衣字柏木 昭51.3.23   
陸前
高田市
村上道慶塾の赤松 高田町字栃ヶ沢16 昭48.3.1   
遠野市 アカマツ 土渕町栃内22-224-7 昭58.5.1   
遠野市 附馬牛小学校の
松並木
附馬牛町下附馬牛11-31 平9.7.25   
大槌町 宮洞の松 吉里吉里第8地割38内12 昭63.11.30 約350年
岩泉町 赤松 安家字江川19 昭55.3.31   
宮古市 赤松の巨木 田老字小田代54-1
及び田老字八幡水神207-36
平10.10.28   
宮古市 小堀内の唐傘松 田老字向新田73-30 昭59.1.23 約250年 
久慈市 蒼前神社のアカマツ 小久慈町66-20-2
蒼前神社
昭60.8.1 約440年
久慈市 大滝小滝大明神の
アカマツ
小久慈町1-4-1
稲荷神社
昭60.8.1 約410年
軽米町 米田のシダレ赤松 大字小軽米24−66 昭48.4.1   
軽米町 山田の千本松 大字軽米23-194-1 昭55.4.1   
九戸村 千本松 大字長興寺8-72-3 昭45.8.29   


■クロマツ
華蔵寺の宝珠松(陸前高田市)
【華蔵寺の宝珠松(陸前高田市)】

 海岸地域に生育する常緑針葉樹。幹は高さ40m、胸高直径2メートルに達する。アカマツによく似るが、樹皮は灰褐色で厚いこと、新芽は帯白色であること、葉はかたく、長さ10センチ以上になることなどから区分できる。東北地方での生育地は海岸地帯であるが、アカマツも混生しているため,注意が必要である。オマツとも呼ばれる。

天然記念物指定の「クロマツ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
陸前
高田市
華蔵寺の宝珠松 小友町字門前 昭10.12.24   


■モミ
配志和神社のモミ林(一関市)
【配志和神社のモミ林(一関市)】

草井沢利助大モミの木(西和賀町)
【草井沢利助大モミの木(西和賀町)】

大宮神社のモミ(盛岡市)
【大宮神社のモミ(盛岡市)】
樅(二戸市)
【樅(二戸市)】
 丘陵地や山地に生育する雌雄同株の常緑針葉樹。幹は直立し、高さ40メートル、胸高直径2メートルに達することもある。樹皮は幼時に灰白色の平滑で、老木になると灰褐色で、鱗片状にはがれ落ちる。葉は線形で、先は鋭形にとがるが、幼時には二つに分かれている。5月、下垂する雄花と直立する雌花が開き、同じ年の秋、長さ9〜13センチ、直径4〜5センチの円筒形をした毬果が直立する。材は淡黄白色で美しく、彫刻や建築,家具などに用いられる。

天然記念物指定の「モミ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
盛岡市 大宮神社のモミ 本宮字大宮51 昭47.11.22   
葛巻町 もみ 江刈24-30-87 昭50.9.1 約260年
葛巻町 もみ 江刈35-6 昭50.9.1 約610年
西和賀町 草井沢利助大モミの木 草井沢47-115 昭59.3.5   
一関市 配志和神社のモミ林 山目字舘56 平3.4.1     
一関市 双根のモミ 東山町田河津字夏山212 昭55.4.24   
一関市 モミ 東山町松川字町裏ノ上67 昭55.4.24   
陸前
高田市
華蔵寺のモミ 小友町字門前 平5.6.1   
大船渡市 もみ 盛町字宇津野沢 昭47.3.25    
大船渡市 もみ 末崎町字神坂 熊野神社 昭47.3.25     
遠野市 天王様のモミの木 土渕町栃内5-46 昭59.6.8    
遠野市 六神石神社の夫婦モミ 青笹町中沢17-131 昭62.5.21   
二戸市 釜沢字上野平 昭48.4.1 約300年

天然記念物指定の「リギタマツ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
一関市 リギタマツ 保呂羽字登戸沢30 昭53.11.6   

天然記念物指定の「トウヒ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
陸前
高田市
円城寺の枝垂性トウヒ 矢作町字愛宕下8 昭48.3.1   

天然記念物指定の「キタゴヨウ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
葛巻町 キタゴヨウ 江刈6-32 昭57.4.10   

天然記念物指定の「ヒメコマツ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
矢巾町 弥五郎のヒメコマツ 大字赤林16-15 昭54.9.14  
奥州市 ヒメコマツ 胆沢区小山字峠3-1 昭57.7.7   
奥州市 ヒメコマツ 胆沢区南都田字小十文字329 昭57.7.7   


戻る